話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

アイドルマスターを小説で楽しむ

アイドルマスターはあくまでご自分のゲームプレイで、
その物語を紡いでいくというものですが、
中には小説版など、作られた話もしっかりと存在しています。

現在登場しているアイドルマスターの小説は2冊あり、
アイドルマスターのノベライズ版として、
エンターブレイン社から発売されているのです。

アイマスノベライズ版の1冊目は、「やすらぎの旋律」というタイトルで、
これは千早さんを主人公にした話になっています。

デビュー前の千早と、頼りなさげなプロデューサーとの出会い、
なんだかアイドルマスターの初心者プレイヤーそのものを、
意識しているかのような内容ですね。

ノベライズ版の2冊目はマネージャーになる事を夢見て、
765プロに入ってきた律子さんが、アイドルとしてデューするまでの顛末。
それが描かれるのです。

少し変わった視点から、律子さんを見ることができる一面と言えるでしょう。

その他、コミック版でもアイドルマスターの物語は語られています。
アイドルマスターコンセプトオフコミックと言うものがあり、
アイドル達のオンステージと、オフステージの姿が描かれるのです。

アイドル達の物語がどのように描かれるのか、
一度、物語を手にとって読んでみてはいかがでしょうか?


RSS2.0