話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

カタログ9号10号で正装しよう

カタログの9号と10号から配信されているものは、
765プロの制服、そしてポーリータキシードという、
いわゆるタキシード衣装になります。

765プロの制服は緑色のベストがとても印象的なものとなっており、
それはまさしく音無小鳥さんとペアルックの姿です。

きちんと名札も凝っていて、
名札も着た人の名前によって変わるのです。

この9号の衣装にはさらに、
765インカムというインカムも付いてきます。
セットで装着すれば、まさしく765プロの事務員になった気分でしょう。

歌って踊る事ができるアイドルとしては、
制服は一風変わっているかもしれませんけれども、
試しに着せてみるのも一興ですね。

続いて10号から導入されたダウンロードアイテムが、
「ポーリータキシード」になります。

この「ポーリータキシード」は、
女の子アイドルにしては珍しいタキシードな衣装で、
男の子っぽく映ってしまうかもしれません。

ですが、意外とぴったりとその姿が似合って見える辺りは、
さすがスタイルの良いアイドル達と言えるのではないでしょうか?

特に「エージェント夜を往く」などの楽曲で、
歌って踊らせてあげると、
この衣装の魅力をいかんなく発揮してくれるでしょう。


RSS2.0