話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

ラストライブのこなし方

ラストライブの直前に、
あなたはユニットのメインアイドルの子と、
二人きりで話すというイベントになります。

この時あなたは、まるで再確認されるかのように、
今までの活動の中でも特に、
アイドルランクとイメージレベルをチェックします。

アイドルランクが低く、EランクやDランクですと、
アイドル達もかなり悲しい顔を見せます。

AランクSランクともなれば、
自分がトップアイドルである事を再認識するかのように、
自信を持ってくれるでしょう。

更にイメージレベルでは特に、
「ボーカル」「ダンス」そして「ビジュアル」の、
どれに特化したアイドルであるかどうかを確認されます。

そしていよいよライブが開始される事になるわけですけれども、
ここでのライブはオーディションと似た姿を持っています。

ただし、いつものように審査員がいるような事はなく、
ずっと思い出ルーレットだけを回していく事になります。
(一度も思い出ルーレットを回さなくても構いません)

思い出ルーレットを回し続け、
画面下部のメーターが、
「sucsess」つまり成功になるまで回すのが目的です。

これに達しないと、ラストライブは失敗と言う事になってしまうのです。

ちなみに思い出ルーレットを回す事ができる数は、
あなたがこれまでにこなしてきた、
営業活動の数の成績によって決定されます。


RSS2.0