話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

ラストライブがやってくる時

アイドルマスターのプレイは、
53週間で1ユニットのプロデュースが終わる形になります。

ちょうど1年になるわけですが、1年間もプロデュースすると、
トップアイドルにしてあげることができたとしても、していなくても、
必ずラストライブをしなければならない事になるのです。

この53週間目のラストライブは絶対的なもので、
残念ながら避けることはできません。
社長からプロデューサーの変更のお達しが出てしまうためです。

さて、アイドル達とは別れる事になってしまうあなたは、
この事をアイドル達に伝えなければならなくなってしまいます。

もちろん正直に切り出していく事がベストなので、
53週目の朝の返事には必ず、
「正直に切り出す」を選ぶようにしましょう。

そしていよいよやってきてしまう、ラストライブ。

これを成功させることができれば、
アイドル達も素晴らしいアイドルとして、
人々の記憶に残る事になります。

一応、ユニットが解散することになるだけで、
ほとんどのアイドルがそのまま芸能活動を続けることになります。

アイドルが引退することになるわけではありませんが、
ラストライブの出来次第では、

引退の道を選んでしまうアイドルもいるかもしれません。

それは全てあなたの腕にかかっているわけですね。


RSS2.0