話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

思い出はピンチヒッターになる

オーディションでは、あなたがアイドルから集めてきた、
「思い出」も大きな役割を果たします。

「思い出アピール」という形で「思い出」を使うことができ、
これはボーナスポイントにもなるので、
「思い出アピール」もきちんとしたいですね。

アイドルにある「思い出ポイント」は、
あなたとアイドルとのコミニュケーションで付いてきたものです。

営業活動のとき、その活動の終わるごとに、
"ノーマルコミニュケーション"
"グッドコミニュケーション"と出てきたと思います。

このときに付いたハートマークの中のポイントが、
あなたのアイドルの思い出ポイントになります。

オーディションでこの「思い出ポイント」は使うことができ、
これは大幅なアピールになってくれるのです。

3人の審査員全てにポイントが割り振られる形になり、
1回1回のアピールよりもずっとポイントが入るのです。

しかしこの際、「思い出ルーレット」というものを回します。
外れてしまえば、ポイントはマイナスと言う形になり、
残念ながらあなたにとっては不利になるのです。

思い出を使うということは効果的ではありますが、
ルーレットに失敗すれば逆に不利になる事もある。

この事はしっかりと覚えておいてください。


RSS2.0