話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

オーディションに参加しよう

現実のアイドルで言えば、オーディションとは、審査員の前で、
歌って踊る事によって受けていく事になるものです。

しかし、アイドルマスターの場合は、
アイドルだけではなく、プロデューサーのあなたの腕がものを言います。

アイドル達は、一応、"審査員の前でオーディションを受けている"
という事にはなっていますが、基本的には
プロデューサーであるあなたの腕によって、全てが決まるのです。

まずオーディションに参加する事に決まったら、
会場へと向かうことになります。

ちなみに、このオーディションのときは、アイドル達は、
きちんと個性的な色と着こなしのジャージを着ています。
(本番で初めてあなたの設定した衣装を着てくれるのです)

このとき多くの場合、今回のオーディションの意気込みを、
審査員から質問されますので、
あなたが指示を出してアイドル達に答えさせます。

ですがどれが正解ということは一切分からず、
もし審査員の心に響けばテンションがアップ。
響かなければダウンしてしまいます。

意気込みの後でも、もう一度テンションがアップダウンする機会があります。
それはアイドル達へのあなたの激励の言葉のシーンです。

しかしこちらでもどのように選んでも正解は分かりません。
運が悪ければテンションは落ちてしまうでしょう。
これらの準備が終わると、いよいよオーディションです。


RSS2.0