話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

レッスンをしてトップアイドルへ

アイドルマスターでは、アイドル達は最終的に、
トップアイドルにまで導いてあげる事ができますが、
何もしないでトップアイドルになることはできません。

トップアイドルとは歌唱力もあって、ビジュアルも良く、
またダンスも美しいものであってこそ、ですよね。

プロデューサーは、真のトップアイドルにさせるため、
アイドル達をレッスンしてあげることが大切です。

アイドルマスターでも、もちろんレッスンはあって、
これが非常に大切な役目を果たします。

アイドルマスターでの「レッスン」は幾つもあり、
それはミニゲームという形で行います。
それぞれのゲームで伸びるパラメータが異なる形になります。

もしご自分がプロデュースされているアイドルの、
「ボーカル」に不安があるようでしたら、
「ボーカル」を高めるレッスンをすると良いでしょう。

「ダンス」ならばダンスレッスンがありますし、
「ビジュアル」ならばビジュアルを伸ばすレッスンがあり、
それぞれでミニゲームが異なっています。

ミニゲームをこなすことによって、レッスンをしたことになり、
ミニゲームの成績によって、伸びる能力が変わります。

好成績を残せれば、当然パラメータも成長しますので、
頑張ってレッスンをプロデュースしてあげてください。


RSS2.0