話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

事務所移転イベントは1度きり

アイドルマスターのアイドル達が所属する、
765プロの建物は、あなたがゲームを始めた当初は、
どこかの裏通りの雑居ビルにある事務所です。

ほんのわずかなスペースにある事務所で、
本当に芸能プロダクションなのかと疑ってしまうでしょう。
(765プロという表示も、ガムテープで張られているくらいです)

この765プロの最初の姿は、
ゲームのデモ画面で何度も見ることになるため、
割と有名な姿だったりします。

ですが、そんな"貧乏な"765プロも、
あなたがトップアイドルを生み出していけば、
いつまでも雑居ビルにいるわけがありません。

その「事務所移転」という出来事は、
アイドル達との朝の挨拶の段階で見ることになります。

「事務所移転」は計3回行われます。
しかしながら、この「事務所移転」のイベントは、
非常に限定されたイベントです。

各移転は、1人のアイドルで一回ずつしか見ることができません。
(ゲームをリセットすれば何度でも見れますが)

新しい事務所へ移るイベントは、滅多に見れないので、
ご自分の頭の中に焼き付けるかのような気持ちで見てください。

お気に入りのアイドルで見るも良しですし、
別アカウントでプレイすれば、また別のアイドルでも見ることができます。
(この場合、ゼロからのプレイし直しになります)


RSS2.0