話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

ある日の風景を垣間見よう!

アイドルマスターのコミニュティには、
特に「ある日の風景」と呼ばれる営業活動が多くあります。

月ごと、そして季節ごとの営業活動は、
ゲーム内での期間を限定にしたイベントですけれども、
「ある日の風景」は、ゲームの進行度で限定されます。

アイドルランクによって左右されるのが、
この「ある日の風景」というイベントになります。

アイドルランクごとに「ある日の風景」のイベントは進行し、
次々と色々なアイドル達との交流を見ていくことができるでしょう。

まず「ある日の風景1」は、まだランクFアイドルとして、
売れていないアイドルとしての姿を見ることになるでしょう。
この頃はまだ皆が悩んでいる。そんな状態です。

「ある日の風景2」は、
アイドルランクがEランクに、
上がった時に見ることができるでしょう。

この風景2は、アイドルごとにまちまちな姿を見ることになりますが、
どちらかといえば、アイドル達の趣味などを知ることになります。
千早さんの場合は、彼女の家庭事情を見ることにもなるでしょう。

「ある日の風景3」は、Dランクで見ることができる風景です。
このころは、やよいさんのプロデューサーである方は、
彼女の家庭内で起こったトラブルに乗り出します。

このように、様々なイベントが起こり、
選択するまでは何が起こるか分からない。
という営業活動でもあるのです。


RSS2.0