話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

コミニュケーションの楽しみ方

アイドルマスターでの「営業」活動は、
コミニュケーションとしての姿もありますが、
あくまで仕事としての活動です。

毎朝の選択肢で、"今日やること"で「営業」を選ぶと、
ゲーム内での季節や進み具合に合わせて、
幾つかの仕事からひとつを選ぶことになります。

ちなみにこれはXBOX360版とアーケード版だけの話で、
PSP版では、1日の時間帯ごとに何回かの仕事があります。

「営業」活動にはさまざまなものがあり、
基本的には何を選んでもよいでしょう。

"これが良いな""これが見たいな"
と思った仕事を選んでみてください。
世のプロデューサーもそうして「営業」活動を選んでいます。

初めてアイドルマスターの「営業」をするプロデューサーは、
ちょっと分からないことも多いと思いますので、
幾つか「営業」活動例を紹介しましょう。

季節限定の「営業」活動は、
そのゲーム内での季節でしか選べません。
なるべく季節限定の「営業」を優先して選ぶようにしましょう。

「冬の仕事」「春の仕事」。
これらが季節ごとの営業で、
仕事内容はどのアイドルもほぼ同じです。

ですが例えば「冬の仕事」でしたら、
スキー場に行くアイドルもいれば、事務所で休憩するアイドルもいて、

これは選んでみない限りは分かりません。

色々な「営業」活動にチャレンジしましょう。


RSS2.0