話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

アイドル達の出会いから始まる

プロデューサーになったあなたは、
さっそく765プロでの第一日を過ごします。

この第一日目で、社長からアイドル達を紹介され、
あなたは自分がプロデュースしたいアイドルを選ぶのです。

プロデュースできるアイドルは、
XBOX360版では10人の中から選ぶことができ、
制限は全くありません。

尚、PSP版ではバージョンごとにことなるアイドルを、
3人から選べるようになっています。

PSP版では購入前から、
プロデュースしたいアイドルを選んでおきましょうね。

XBOX360版ではユニットを組むことも可能です。
最初はあなたは新米プロデューサーですから、
1人のソロしかプロデュースできません。

しかしながら、あなたがプロデューサーとしてのキャリアを積み上げていけば、
いずれは3人ユニットを持つこともできますし、
同時に10人のアイドルを複数のユニットでプロデュースすることもできます。

そのためには何度かゲームをクリアしなければなりませんので、
最初のうちは1人のアイドルを集中して育ててあげるようにしてください。

さて、アイドル選びなのですが、
アイドルマスター初心者の方は、
まずは天海春香さんを選んではいかがでしょうか?

彼女は難しい性格もしておらず、
プロデュースしやすいアイドルとなっていますよ。


RSS2.0