話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

アイドルマスターのパラメータ

アイドルマスターには、ち
ょっと他では聞く事が出来ないようなパラメータがあり、
これによってもアイドル達の状態が変わってきます。

アイドルマスターならではのパラメータはレベル以外にも3つあり、
「ボーカル」「ダンス」そして「ビジュアル」になります。

これら3つのパラメータは非常に大切になってきて、
高くなればイメージレベルも上昇する形になります。

「ボーカル」「ダンス」「ビジュアル」という名称が示す通り、
このパラメータは、アイドルとしての能力そのものです。

「ボーカル」の能力が高ければ、
アイドル達の歌う歌がより上手になる。
ということはないのですが。

オーディションで特に有利になり、
オーディション後のテレビ出演本番でも差が現れます。

もし「ボーカル」能力が高かった場合、
"歌詞が出てこない"というミスをしなくなり、
きちんとアイドル達が歌ってくれるのです。

「ダンス」「ビジュアル」も同様で、
レベルが低い場合は、テレビ出演本番で、
何度もアクシデントを連発してしまうのです。

オーディション後のファン人数でも大きく影響を及ぼし、
アイドル達のトップアイドルへの道に関係するのです。


RSS2.0