話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

私はアイドル アイドルの自信

アイドルマスターには1人1人のテーマソングとも言える、
「持ち歌」がありますが、その他にも、
2人で1曲が持ち歌という曲もあります。

その1つ目がこの「私はアイドル」で、
この楽曲は、春香さんと伊織さんの共通持ち歌になっています。

「私はアイドル」という、
何ともアイドルマスターらしいタイトルが示すように、
この楽曲はアイドルそのものの姿を示す一曲に仕上がっています。

と言ってしまうと、
先に紹介した「THE IDOLM@STER」と同じではないか?
と思われがちですけれども、

この「私はアイドル」は非常にアップテンポな曲で、
とても可愛らしく歌う曲である点がポイントです。

「私はアイドル」というストレートな曲名が示すように、
「アイドルである事に何か文句があるの?」と、
言わんばかりの歌詞です。

まさにアイドルを目指し、女王様気取りの伊織さんにぴったりですね。
リミックス版では、
そんなアップテンポで可愛らしいこの曲も大きく変わりました。

まず大人の一曲になったかのようなBバージョンは、
千早さん、雪歩さん、そして特別出演の音無小鳥さんが歌います。

そして静かな雰囲気のAバージョンは、やよいさんが可愛らしく歌います。


RSS2.0