話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

アイマスこれから始めるには?

ここまでこのレポートを読んで来て、
アイドルマスターをやってみようという気持ちにはなりましたでしょうか?

アイドルマスターを始めた段階で、
あなたはすぐにアイドルプロデューターになることができるわけですが、
アイドルマスターを始めるためにはどこから始めていくべきなのでしょうか?

現在、プロデュースをする事ができるアイドルマスターの作品は3作品あります。
順に紹介していきますと、
まず一番最初に登場したアーケードゲーム版があります。

XBOX版が盛況なので、アーケードゲーム版は、
ゲームセンターからその数を減らして来ていますが、
まだ時々見かける事もあります。

アーケードゲームでアイドルマスターを楽しむこともできるでしょう。
続いて紹介するものはXBOX360版です。
ここからアイドルマスターを始める事もでき、今のところはこのXBOX360版をお勧めします。

11人のアイドル達を自由に3人ユニットまで組ませて、プロデュースし、歌わせる。
楽曲の数も16曲と多く、ずっと楽しんでいけるゲームになっています。

そして注目したいものがPSP版です。

まだ発売されたばかりなのですがプロデュースはできないものの、
個性溢れるアイドルが2人追加され、コミュニティの数・楽曲の数も
更に10曲以上増えたPSP版は、話題のアイドルマスターです。

ただPSP版は1度に1人までのプロデュースというシステムですので、
3人ユニットまで組めるXBOX360版とどちらを取るかは、好みによるでしょう。


RSS2.0