話題のアイドルプロデュースゲーム、『アイドルマスター』を、 2008年ごろからプロデューサー(ゲームプレイヤー)をしている私が、 その魅力を紹介ができればと思いました。
動画サイトなど「二次創作」でのアイドルマスターの魅力もあります。

アイドルマスターを知らない方へ

アイドルマスター(正式には『THE IDOLM@STER』)は、
アイドルを育成するシミュレーションゲームです。

アイドルと一口に言っても、
人によっては実に色々な姿を想像されるでしょう。
アイドルマスターに登場するアイドルは、最新作の段階で13人。

その内10人から自由にユニットを組み合わせて、歌って踊らせる事が出来る。
という点から考えて、まるで「モーニング娘」のようなアイドル達を想像すれば、
アイドルマスターの大体の雰囲気が掴めるのではないでしょうか?

アイドルマスターに登場するアイドルは、あくまで架空のアイドル達です。
そのため、中には現実離れした性格や姿のアイドルもいます。

ですがそれもアイドルマスターに、
多くの人が惹かれる理由といって良いでしょう。

アイドルマスターはあくまでゲームなのですが、
アイドル達と交流するコミュニケーションの一つの「営業」では、
割と現実的な芸能界や、アイドル事情を垣間見る事もできます。

アイドルマスターのゲーム内でも、"売れる""売れない"は、
切実な要素だったりします。

ゲームだからと言って、ただ、現実離れした楽観的な内容か?
と言ったらそんな事はなく、そんなリアリティある内容が、
バーチャルプロデュースライフを楽しませてくれるでしょう。


RSS2.0